副作用

情報操作!?ピンキープラス効果について徹底調査!!

MENU

ピンキープラスに副作用!?副作用が発生しやすい4つのこと

 

 

安心してください、

 

ピンキープラスには副作用はありません!

 

最近、「ピンキープラスに副作用がある」という噂が流れているようです。

 

プエラリアの入ったバストアップサプリは副作用があると言われることが多いです。

 

ただ、ピンキープラスにはプエラリアが入っていないので、どうなんだろうと思っている方も多いようです。

 

☆ピンキープラスに副作用ナシ!!

 

ピンキープラスはプエラリアのバストアップサプリと比べると、副作用が格段に出にくい、安全性の高いサプリだと言われています。

 

そもそもバストアップサプリで副作用が出るのはプエラリアが関係しています。
プエラリアは女性ホルモンに作用するのですが、その作用の仕方がかなり強力なので、普通に飲んでもホルモンのバランスが崩れて、副作用のような症状が出てしまうそうです。

 

ピンキープラスにはプエラリアの代わりに、同じく女性ホルモンに作用するブラックコホシュという成分が入っています。
ブラックコホシュにはホルモンバランスを調整する効果があるので、普通に飲む分には乱れたホルモンバランスを調整してくれてむしろ改善してくれると思います。

 

だから、ピンキープラスは副作用のない、安全性の高いサプリなのです。

 

でもピンキープラスでも副作用が出てしまう行動があるのでそれは控えるようにしましょう。

 

☆副作用が発生しやすい4つのこと

 

ピンキープラスを服用する際に

 

・過剰摂取
・妊娠中や授乳中での服用
・飲酒後の服用
・生理前後の目安いっぱいの服用

 

をしてしまうとピンキープラスでも副作用が出てしまうと言われています。

 

主にピンキープラスの副作用はバストアップサプリと同じようにホルモンに関連しています。

 

症状としては

 

・生理不順
・体調不良
・片頭痛
・腰痛
・自律神経失調症
・不正出血
・不妊症
・乳癌
・子宮癌

 

などがあげられます。
不妊症や乳癌、子宮癌はよっぽど症状が重くない限り発症することはありませんが、可能性としてはありうるということだけ頭の片隅に置いといてくださいね。

 

プエラリアのバストアップサプリのように目安をちゃんと守って飲んだのに、副作用が起きる、ということは無いですが、4つのことをしてしまうと副作用が出てしまうことがあるのでやめましょうね。

 

特にやってしまいがちなのが、過剰摂取。
ピンキープラスでも過剰摂取をすると副作用が起きることがあります。
早くバストアップしたいという気持ちからやってしまう方が多いようですが、過剰摂取をしても早くバストアップすることはありませんので、無意味なことはやめましょう。

 

また、妊娠中の方や授乳中の方がピンキープラスを飲むと、ホルモンバランスを崩して、体調不良になってしまったり、最悪の場合流産したり、赤ちゃんに影響を及ぼしたりする可能性があります。

 

断乳後はバストをケアするために飲んだ方がいいと思います。

 

また、生理前後はホルモンバランスが不安定なので、目安いっぱい飲むと副作用が出てしまう可能性があります。
でも生理中も飲むことはおすすめなので、生理中に飲む場合は1粒に減らして飲むようにしましょうね。

 

また、飲酒後の服用もホルモンバランスが乱れて、副作用が起きる可能性があるので、飲まないようにしましょう。

 

もし万が一、ピンキープラスを飲んで副作用が出てしまったら、飲むのを中止して、病院にいきましょう。